スペイン語圏へ行こう

スペイン語圏への旅行の様子やスペイン語の簡単な覚え方そしてスペイン料理などをご紹介
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

スペインについてまとめてみました

スペインの記事を投稿しました。
スペイン語発音、スペイン語と英語について、スペインという国、マドリード、バルセロナ、スペインの歴史やスペインの民族舞踊と祭りについて

スペインについてまとめていると、添乗で言った時のちょっととした思いを思い出しました。スペインへ添乗で行く前に、NHKのスペイン語講座の録画したものを何度も何度も繰り返し見てスペイン語の復習をしたのを今でも鮮明に覚えています。その甲斐あってスペイン添乗中に困ったことがありませんでした。

スペインのバルセロナで夕食に出かけたときです。
私とバスと運転手とお客様だけで言ったのです。
ドライバーは多少の英語は通じましたが、レストランでは全く英語が通じなかったのです。

日本でスペイン語の復習がそこで大いに役立ったのです。
他のツアーの添乗員はあわてていました。

まとめたコンテンツをアップしているサイトです。良かったら見てください。
↓↓↓↓↓
>>>スペイン語独学

スペイン語教材選び方

いざ、スペイン語を勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)しようと思い立っても、最初の段階では問題になるのがスペイン語の教材選びや講座選びになりますね。

周りにスペイン語の勉強をした事がある方がいれば、的を射た助言をもらう事も出来ます。

でも、大半のケースは自分で教材や講座等を選ぶ事となるのです。

それでは、実際にどのような点に注意してスペイン語の教材を選んでいけば良いのでしょう。

まず言えることは、教材を選ぶ事もスペイン語を勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)する為には大切な練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)の一つだと言う事です。


その教材を使用しているうちに、自分には何が足りないのか、自分にどうしても必要な物は何なのかが次第にわかってくるようになります。

そこで再び、必要だと思う教材を選択すればよいのではないでしょうか。

けれど、そうは言っても高額な教材もありますから、最初から慎重に選びたい所だと言われています。

重要なのは、貴方のライフスタイルを考えて、継続して勉強出来るような教材かどうかです。

毎日1時間くらい度の勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)が必要であるか、10分程度の勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)でいいのか。

無理なく続けていけるような教材でなければ、長続きはしないでしょう。

また、目的にあった教材を選択する事も重要になります。

旅行目的なのか、スペイン語圏の大学に行きたいのか、ビジネスでつかってたいのか。

目的に合わせたレベルのスペイン語が勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)出来るような教材を選びましょう。



>>>気軽に学ぶスペイン語 (NHKCDブック)

>>>【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム 〜ネイティブ音
声・耳で聞く問題集付〜


スペイン語 学習 教材
スペイン語 旅行会話

スペイン語のヒアリング

せっかくスペイン語を学んできたのに、いざスペイン語同士で会話をしてみると相手の言っている事がほとんど聞き取れなくてショックを受けた、なんて事はまず最初にどのような方でも経験した事があるのではないでしょうか。

確かに、相手が何をいっているのか聞き取れなかったら、次に自分が何を言えばよいのか、どんなリアクションを取ればいいのかと不安になってしまいます。

大抵の場合は、そこでスペイン語同士のコミュニケーションはストップしてしまいます。

けれど、そこで挫折してしまっては、せっかくスペイン語を勉強してきたのに勿体無いと思いませんか。

相手のスペイン語が聞き取れない原因は、もしかすれねあなたの方ではなく、相手の話すスピードが早過ぎる事も原因のひとつといわれているようです。

そんな時には、まず心を落ち着ける事が大切です。

母国語ではないのだから聞き取れなくて当たり前と開き直り、落ち着きましょう。

そして、スペイン語で「今一度お願いします(Otra vez,por favor)」とお願いすればいいですね。それでも聞き取れない場合には、その会話の中に知らない単語やフレーズが混じっていて聞きとれないこともあるのです。

その前後の理解できてる単語を利用して、「○○の後(前)に何と言ったのか」と質問してみてください。

そうすれば、相手もご自身の話をきちんと耳にするといるのだと理解して、丁寧に教えてくれるはずです。

スペイン語は、慣れると英語よりも簡単に聞き取れるようになれる言語ですので、ポジティブに勉強した方がいいでしょう。

スペイン語の聞き取りは、まずスペイン語に慣れること。
スペイン語を話せるようになると、聞き取りは簡単だと思うはずです。
スペイン語の発音はローマ字発音がほとんどなので慣れれば聞き取りやすいと思います。
そして、ここで聞き取りのヒントをお知らせします。

動詞を中心に聞き取りしましょう。

繰り返し、動詞に注意して聞いていると
ある日突然聞き取れるようになるでしょう。


スペイン語を本当に身に着けたい人に

>>>【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム 〜ネイティブ音 声・耳で聞く問題集付〜


スペイン語講座
スペイン語習得法
スペイン語教材
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。