スペイン語圏へ行こう

スペイン語圏への旅行の様子やスペイン語の簡単な覚え方そしてスペイン料理などをご紹介
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

スペイン語が喋れると・・・

約200名の団体の海外旅行が受注できた。
ロサンゼルスとラスベガスを観光するツアー
ロサンゼルスで周年行事をすることに。
そこで、下見要請があり、中身を聞いて上司、私も驚いた。

通常であれば、下見はそれぞれの都市での観光や食事
そして、ホテルなどのアコモデーションなどを確認に行く。

が、下見と称して、足を延ばしてメキシコまで連れていけ!
と半ば強制のような感じ。

上司もしぶしぶ了解し、私が既往先の代表と2人だけで行くことになった。

アメリカ部分はランドオペレータが世話をしてくれるが
メキシコ国内は、飛行機とホテルのみで、
私がそれ以外の手配を現地でする羽目になった。

私がその時メキシコへ何度も行っているのであればいいのだが、
その時が初めてでした。
(海外添乗の回数はかなりこなしていました)

不安で仕方がなかった。

関空からロサンゼルスへ。
ロサンゼルスで飛行機を乗り換えメキシコシティへ。
メキシコシティで1泊して翌日カンクンへ。

カンクンでチェチェインイッツアなどを見学し
カンクンからビジャエルモッサへ
ビジャエルモッサの近くにパレンケ遺跡がある。
(このパレンケ遺跡が本当の目的)

ビジャエルモッサでドライバー兼ガイド(英語)を雇い
通訳しながらの観光も無事終えて宿へ

夜、現地の女性と知り合うことができ、彼女たちとディナーとラテン音楽を楽しんだ。スペイン語を少々喋れたので、私は満足。
(お客さんをほったらかしにしてしまった)


メキシコなどのスペイン語圏へ行くとやはり
スペイン語が喋れないより、しゃべれるほうがいいに決まっている。

短期間にスペイン語を習得したいのなら
松平先生の立体的スペイン語学習法を試してみてはいかが!

>>>松平勝男の立体的スペイン語学習法でスペイン語を身に着けませんか?



スペイン語の習得の鍵

スペインと言えば、ガウディ
スペイン語教材
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。