スペイン語圏へ行こう

スペイン語圏への旅行の様子やスペイン語の簡単な覚え方そしてスペイン料理などをご紹介
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

チチェンイッツアへ

ヨーロッパなどにある外国人用のオプショナルツアーでチチェンイッツアへ。

もちろん、英語でのガイドなのでお客様へ日本語でお伝えしていきました。ただ、このお客様メキシコをかなりお好きなので、歴史や行事については説明する必要がなかった。

ホテルからバスで約3時間。本当に「メキシコの運転手はよく飛ばすな!」と遺跡につくとお尻が悲鳴を上げていました。遺跡の頂上まで登ることが出来ます。
私も滅多に来らレないと思い下を見ないように少しずつ登りました。

頂上に着くと360度の景色が見えて来ました。「林の中に突如遺跡が現れた」の感じがよくわかりました。

ところが降りるとき大変でした。
そうです。私は『高所恐怖症』なのです。ああ、情けない。頂上に着いた途端、足が震え、その震えが止まりませんでした。(高かった)

格好は良くないですが、赤ちゃんのはいはいの格好で足から下の段を確認しながらPOCO A POCO(少しずつ)長〜い時間を掛けて地上へ降りていきました。

地上に降りた途端息を吹き返し、航空会社への座席の再確認を電話で済まし、出発までお店でウィンドウショッピングして時間をつぶしました。

そんな思いをしながら、また遺跡へ登るのでした。(パレンケ遺跡にて)

>>>松平勝男の立体的スペイン語学習法でスペイン語を身に着けませんか?
スペイン語教材
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。